歩行者橋の利点

歩行者用橋は、歩行者用の陸橋としても知られており、歩行者の安全を確保するために、歩行者のみを通過することができます。 急速な経済発展と、近代的な橋の形は徐々に美しい街の景観になり、また繁栄の象徴となっています。

歩行者が高速道路や鉄道を通過する必要がある場合は、3次元交差施設を設定する必要があります。 街の商業集約的なエリア、文化的な会場、周辺の建物との交差点の近くの鉄道駅は、3次元通りの施設と直接接触するように設定されています。 学校、病院などの特別な施設では、3次元交差施設を設置することができます。 3次元の路上施設のうち。 歩行者橋または地下通路の選択は、地下水位、陸上および地下パイプライン、その他の市町村公共施設、周辺環境、整備要件、およびエンジニアリング投資の組み合わせ後の技術的、経済的および社会的便益の技術的条件を比較することによって決定されるべきである。歩道橋

一般的に、高速道路、鉄道およびその他のトランクの交通廊下を横断する場合、3次元の道路施設の設立を検討する。 一部の人々は、特に大規模なセクションを必要とする道路の横断歩道は、道路の施設を設定することを検討します。 フライオーバーや地下トンネルの選択は、一般的には、単純な、安価で、簡単な建設、メンテナンスも比較的便利であり、時には、地下道が限られているなど、道路が大きな花崗岩、道路の下に重要な線があるので、ほとんどの時間は、ブリッジを行うことをお勧めします。ペドストリア橋

しかし、飛行機の風景は非常に良い、わずかに落ち込んでいない、それはまた、通りのビジネスライトの部分に影響を与える可能性があります。 また、エレベーターがない場合、障壁効果は比較的悪く、歩行者の習慣(一般的に最初の下り坂のような)には合致しません。

三次元交通の2つの種類は、車のトラフィックの影響は、(一般的に車の制限に関与していない)本質的な違いはありません、車のディーラーと人々の間の矛盾、主な違いが影響を反映して減少人々にトラフィックのパフォーマンス:両方の建物を接続するための、通りの役割は、同じ効果は、あまり違いはありません。 宇宙の性質:風景に近い歩行者の橋の性質、または余暇、その場所の社会的活動。ペデスタリア橋

歩行者の橋は屋外の空間で、オープンでオープンな視野を持ち、歩行者は空間外の建物とやりとりすることができます。 スペースがより商業スペースである場合、スペースへの地下アクセスは、その場所の商業スペースです。 地下アクセスは屋内空間であり、閉鎖されたビューでは、歩行者は建物の内部空間と直接対話することができる。

私は、公園の近くでの飛行機を選択したでしょう。なぜなら、オープンビューと飛行機の風景が公園とやりとりするからです。 地下鉄の駅、ビジネス地区私は通常、地下道、またはその2つの組み合わせを選択します。 地下鉄のアクセスは、地下鉄の拠点や商業ビルとの良好なつながりとなり、商業ビルの地下空間を広げることができます。