歩行者用橋の道路を利用する権利に関する議論

歩道橋(地下道)は歩行者の安全を保証するものではあるが、道路の安全性を向上させるために移動線や交通量を避けているが、一部の地域では、飛行船などの3次元歩行者施設平らな道路の交差点はしばしばキャンセルされ、道路を横切って直接歩行者を禁止します。

このアプローチの真っただ中では、歩行者の安全を確保することですが、交通学者の中には、実際に歩行者の使用権を抑圧するものと考える人もいます。 この学者によると、歩行者が交差点を横断する権利を持っている必要があります。歩行者が3次元交差施設を使用して交差行為を禁止すると、歩行者は交通を避け、歩行者の権利。 この問題を回避するためには、飛行機などの3次元交差施設が飛行機の設備と共存することを示唆しており、迂回路を望んでいない歩行者は、交差点を通過する交通信号(信号機など)の方向に従う必要があります。適切な時間に道路を利用することができます。また、フライオーバーやアンダーパスの存在により、歩行者の尊敬の度合いが高まり、道路をバイパスするかどうかを選択し、信号を待つことを避けることができます。

歩道橋は歩道橋とも呼ばれます。 それは一般的に、大きな、歩行者に密集したロット、または交差点、正方形、鉄道に建設されています。 歩行者用の陸橋は、歩行者が交通流と歩行者の交差点との衝突を回避し、人の安全な通過を保証し、速度を向上させ、交通事故を減少させます。 この構造によれば、共通橋は、サスペンション構造、支持構造及び混合構造の3つのカテゴリーに分けることができる。