歩道橋および注意を必要とする事項の分類

歩道橋の上を歩道橋ともいいます。これは一般的に大規模なトラフィック、高密度の歩行者エリアや交差点、広場、鉄道の構築されます。構造に従って一般的な横断歩道橋は 3 つのカテゴリに分けることができます: サスペンション構造、支承構造・ ハイブリッド構造。メイン ベアリング コンポーネントとして歩道橋の構造、アラームをぶら下げ、ブリッジ プレート自体によって歩行者用はないベアリング、軸受ビーム橋、高架道路構造部材と一緒に、実用的な部品の構造を減らすことができますように掛かっています。建築材料や比較的低い工学の使用コストしますが、異常に厚い固体と橋の上の歩行者の視線を手すり高架道路の構造、手すりになります、丈夫な手すりが美しい感じを人に与えることは困難、そのための都市景観の特徴。歩道橋
リテーナ構造高架道路橋橋の上にマウントされている歩行者の橋は、橋の上に広がるし、アラームはないベアリング、歩行者を保護する直接軸受このような高架の建設費が比較的高いが、手すりはほっそり、都市景観の機能は良いとして、今都市の歩道橋のこのタイプの数のほとんど。クロス ハイブリッド構造の通りの陸橋は、2 つの構造のハイブリッドです。橋と橋は、耐荷重構造として橋の負荷を共有します。歩道橋
1. 経済的、実用的な、審美的です。天橋交通機能を解決し、技術と経済を最適化する最初のです。これは、ブリッジの設計の基本的な要件です。天橋ランドス ケープ デザインは、機能、技術と経済を満たす前提の下で美学・文化風景のスケールの詳細なデザインです。2. 構造設計ランドス ケープ デザインの基礎であります。橋の構造の構造の選択は、ランドス ケープ デザインの基本的な基礎であるブリッジの形状の基本的な内容です。良い構造方式が良いデザイン プラットフォームを提供することができます、プロジェクトの初期段階におけるランドス ケープ ・ デザイン設計、最高の景観を設計することができます関与、橋構造の審美的な機能との完璧な組み合わせ。3、本体と子会社のコンポーネントの統一と調整天橋の主な機能は、視覚的な風景が続く道を提供することです。橋の構造は光を最も追加場所です。手すり子、地面の舗装、天井の装飾品。安全、経済、実用を満たす前提で、その美しい色と美しいライン間違いなく与える人美しい楽しみ。あなたの環境を調整します。天橋のランドス ケープ デザインのコアは、周囲の環境と調和し、自体、環境ではなく橋の美しさを表示する都市空間環境に統合することです。良い風景の効果を取得する場合は、あなたは実際の宇宙環境、ローカル条件、適用範囲が広いの使用するための措置を調整する必要があり、正確なモデリング ルール、モデリング、巧妙に細工された陸橋を周囲の環境にとても良い。調和のとれた統一された都市空間環境を作成します。歩道橋